ビッグローブ光の速度制限について


ビッグローブ光は、2017年1月にKDDIの傘下となり、サービスの面でも、大きな再編が始まっています。
その中でも象徴的なのは、「au セット割」のスタートで、auのスマートフォン、タブレットと、ビッグローブ光に同時加入することで、月額最大1200円も割引きになるという、大変お得なサービスで、早くも再編によるメリットが現われています。

一方、2017年2月からは、速度制限が開始されることも発表されました。
これはビッグローブ光に限ったことではありませんが、利用ユーザー数の急増により、限られたインフラを、通信事業者の間で奪い合っている状態であり、混雑する時間帯には、日本国内のインターネット全体の帯域が枯渇し、著しい速度低下が発生していました。

そのような中で、KDDIの傘下となる以前も、混雑する時間帯には速度制限を行ったり、公式ホームページでも、各時間帯別に、ビッグローブ光を利用しているユーザーが、どれぐらいの帯域を利用しているのか、トラフィックグラフを公開し、混雑していない時間帯に利用してもらうことで、負荷の分散を促すなどの工夫がされてきましたが、ある程度緩やかに運用されていたそれらの取り組みが、ここに来て明文化された形になります。

速度規制の対象となるのは、「混雑時に通信量が特に多いお客さま」とされており、いわゆる普通の使い方をしているユーザーは、さほど気にする必要はありませんが、週末や連休などの特に混雑する時間帯に、大容量のダウンロードや、フルハイビジョンや4kクラスの高画質映像の長編映画を鑑賞するような場合は、留意しておかなければならないケースも考えられます。

これまで、KDDI傘下のMVNOサービスでは、速度制限を設けることで、常に帯域の空きを作り、業界最高クラスの実測値を叩き出した実績もあるため、それらのノウハウがビッグローブ光に活かされることがあるならば、結果としてトータルの通信速度の向上も、期待できます。

とは言え、速度制限を気にせずに利用したいユーザーも少なくない中で、「プレミアムサービス」も開始されました。

月額800円を追加することで、追加工事の必要も無く、従来のネットワークから次世代ネットワークのIPoE接続に切り替わることで混雑を回避し、通信速度が飛躍的に向上すると言うサービスです。

ビッグローブ光の公式ホームページ内の同サービスのコンテンツでは、実測値が公開されており、従来の形式では10Mbps程しか出ない時間帯でも、同サービスに切り替えることで、288Mbpsまで向上した例も紹介されており、他社に先駆けて開始されたサービスに、期待がかかっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする