SoftBank光の速度を改善する方法

SoftBank光は、大手通信会社SoftBankが提供している光ファイバー高速インターネットサービスです。
簡単な工事で高速インターネットが使えるこのサービスは、固定ブロードバンドサービスの利用者満足度1位を獲得するなど高い人気を集めています。

しかしながら、このSoftBank光の高速インターネットも使い方によっては通信速度が十分に速くなくなってしまう場合があります。

当然、住んでいる地域によっては他の利用者の混雑具合によっても通信速度は変わってきますが、その他にどのような要因が通信速度に影響を与えるのでしょうか。

SoftBank光は、その使用環境をしっかり整えれば国内でトップクラスの高速インターネットが利用できます。通信速度が遅くなる原因として第一に挙げられるのは、やはり他の契約者の増加による通信の混雑です。

さらに厳密に言えば、インターネットへアクセスする際にプロバイダに接続する過程で経由する「網終端装置」が通信速度のボトルネックとなっており、通信の混雑の影響を受けてしまうのです。そこで、この網終端装置を介さずにインターネットにアクセスする方法をご紹介します。

実は、「IPoE方式」という接続方式を用いることでこの網終端装置を介さない接続が可能です。
SoftBank光でこのIPoE方式を使うには、SoftBank系列会社の提供する「光BBユニット」を利用するのが最も簡単です。

「光BBユニットレンタル」というオプションを契約すれば、BBフォン(IP電話)接続機能、ルーター機能、無線LAN機能の3つの機能を利用することができ、このルーター機能にはIPoE方式でインターネットに接続することができる機能が備わっているのです。

細かい原理はよくわからないという方にとっても、このオプションを購入することは損にはなりません。
加えて、意外と見落としがちなのが無線LANの通信速度です。

前述の通り、光BBユニットには無線LAN機能も備わっているため、簡単に無線インターネット(無線LAN)を楽しむことができます。
しかしながら、光BBユニットの無線LANは性能がそこまで良くないという利用者の評価が多く聞かれます。

そこでおすすめなのが、別途で市販の無線LANルーターを用意して光BBユニットと接続することです。

これによって無線LANの性能も改善でき、光BBユニットの通信の速さを無駄なく生かすことができるでしょう。

インターネットが遅いと思ったら、その使用環境をもう一度見直してみることが肝要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする