So-net光の料金と割引サービスについて

現在、光回線にフレッツ光を利用中の人ならば、So-net光への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

というのも、So-net光に切り替えれば、もう光回線とプロバイダーの2つの会社と同時契約せずに済むからです。

フレッツ光の契約は終了して、So-netとの契約だけに絞ることができます。
インターネットの契約の管理が簡単になるのが、So-net光に切り替えるメリットです。

料金については、戸建てタイプとマンションタイプの2つが用意されています。
戸建住宅に該当し、フレッツ光から転用の形で契約する場合だと、30カ月まで割引価格が適用されて月額4800円です。

31カ月以降ならば月額5200円になります。
これは光回線とプロバイダー料金を合わせたものですから、フレッツ光と契約していたときよりも安くなる場合があります。

マンションタイプの転用であれば、48カ月までが月額3850円~4000円です。
49カ月目以降になると安くなり、月額3800円の適用です。戸建てとマンションでは料金の仕組みが違う部分に注意が必要です。

現在フレッツ光を利用していない世帯だと工事費が必要になりますが、キャッシュバックキャンペーンの適用で負担が大幅に減りますので、気にする費用ではありません。

戸建て住宅ならば30カ月まで割引料金が適用されて月額4400円、31カ月目以降だと転用の場合と同じく月額5200円です。
マンションタイプは30カ月まで3300円、31カ月目以降は割引終了となり、月額4100円に変化します。

期間限定で割引サービスが適用されるのがメリットではあるものの、期間が過ぎてしまうとやや安さが物足りなくなってしまうのが気になる部分です。

ところが、auのスマートフォンを契約している状態であれば、ずっと適用される別の割引サービスを利用可能です。

So-net光とauセット割が適用されることで、戸建住宅の月額料金が4000円から、マンションなら月額2900円からになり、驚くほど低料金で高速な光回線によるインターネットが使えるのが魅力です。

auセット割はauの契約内容によって違ってきますので、事前に調べてから改めてSo-net光の月額料金を確認したいところです。

光回線とプロバイダーのセットだけでなく、月額基本料金500円の格安な電話、月額660円の多チャンネル放送、ビデオレンタルなどの充実したサービスもオプションとして追加できるのが、So-net光が使いやすいと感じられる部分だといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする